クラブ法人ウイニングポスト8攻略

ウイニングポスト8 2016から設立可能になる「クラブ法人」の攻略情報です。 クラブ法人の設立は、系統を確立する際の支配率の底上げに非常に役立ちます。 また、クラブ法人を設立するには、鳳カンナと出会っている事が絶対条件となります。

  1. クラブ設立条件
  2. クラブ概要
  3. クラブ指示書
  4. クラブ評価
  5. クラブと知人
  6. クラブ攻略法

クラブ設立条件

以下の条件を全て満たしている状態で、プレイヤー所有馬が中央の重賞に勝利すると、秘書からクラブ設立の打診があります。

  • 1月2週~9月4週。
  • 鳳カンナと出会っている。
  • 名声が1000以上。
  • 所持金が20億以上。(設立費用5億)
  • プレイヤー牧場の基本施設がLv2。
  • プレイヤー牧場の厩舎がLv3。
  • プレイヤー牧場の繁殖牝馬数が10頭以上。
  • プレイヤー牧場の幼駒数が15頭以上。
  • 友好度1以上の知人が2名以上いる。

クラブを設立した場合は、翌週に代表者を選び、同年の12月4週からクラブが稼働します。 また、クラブ代表者は、クラブに加入する知人(下記「クラブと知人」参照)以外から選択するのがベストです。

クラブ概要

  • 分場で生産した馬が自動的にクラブに振り分けられる。
  • クラブ馬の厩舎・主戦騎手・出走レース・引退などには一切介入できない。
  • 史実馬は架空馬よりも売れやすい。
  • 外国産馬は国産馬よりも売れやすい。
  • クラブ所有の牝馬は通常よりも繁殖入りしやすい。
  • 募集額が高額だと殆ど売れない。(目安は1億8000万以下)
  • 満口にならなかった分はクラブの負担になるが、その分の獲得賞金もクラブの収入になる。
  • 史実馬をクラブ所有馬にした場合も史実補正はあるが、厩舎・出走レース・故障・予後不良・去勢などは史実通りにはならない。(引退時期は史実通り)
  • クラブの資金はマイナスになっても、プレイヤー馬主から資金を調達できる。
  • クラブの会員数が1000増える毎に知人がクラブに加入する。(下記「クラブと知人」参照)

ウイニングポスト8のクラブ法人(クラブ所有馬)の主な特徴は上のようになります。 ウイニングポスト7とは大分異なります。

クラブの資金を増やす

クラブの資金を効率よく増やしたい場合は、トウカイテイオー、オグリキャップなどの10億以上稼げる史実馬を所有して、募集額を最大にすれば、売れ残った分の獲得賞金が全てクラブの収入になります。 さらにシンジケートの結成で資金が一気に増えます。

クラブ代表の交代

クラブの設立から10年毎の4月1週に、クラブ代表を交代する事が可能です。 交代できる知人の条件は、友好度1以上の知人となります。

クラブの有効な使い方

クラブの牝馬は、通常よりも繁殖牝馬になりやすいです。 なので、確立したい系統に属する牝馬を優先してクラブ馬にすれば、短期間でその系統の支配率を大きく上げる事ができます。 また、「クラブ指南書」を使う事で、牡馬も種牡馬になる確率がアップします。(成功した場合のみ)

クラブ設立のデメリット

自家生産を重視する場合、クラブの設立には大きなメリットがあります。 ただし、クラブ総合評価「S」を目標にすると、デメリットしかないと思います。 理由は、国内牧場と国内分場で、最大の40頭全てに「爆発力30以上・配合評価S」の配合をしても、それがクラブ総合評価「S」には繋がらないからです。

なので、クラブ総合評価「S」を長年キープしながら、強い馬も生産し続ける事は不可能ではありませんが、かなり酷な目標になります。 とくに「売れ行き」と「価格設定」を考えると、評価額の安い馬を生産する必要があるので、繁殖牝馬の評価額を上げずに強い馬の生産は厳しいです。

また、史実馬を使ってクラブを攻略する場合も、クラブの最大のメリットは、系統を確立する際の繁殖牝馬による支配率の底上げなので、それがクラブ攻略の弊害になってしまうためできません。 そうなると、クラブは邪魔なだけなので、殆ど設立する価値がなくなってしまいます。

クラブ指示書

クラブ指示書は募集額を設定する画面で使用できます。 クラブ指示書の入手方法、成功時の効果は以下のようになります。

  • クラブが年末に優秀馬主を獲得すると「クラブ指示書」を入手できる。
  • クラブ所有馬が年末の部門賞を獲得すると「クラブ指示書」を入手できる。
  • 知人が購入したクラブ馬が好成績を残すと、該当する知人から「クラブ指示書」を入手できる。
  • 指示書の色によって成功率が異なる。(金=100%)
  • 指示書の成功判定は、デビューから3戦以内のいずれかのレース後に確認できる。
  • 指示書が成功した場合は、スピード+1または、A以下のサブパラのいずれかが1段階アップする。

指示書の成功判定はリセットで変更可能なので、確実に能力アップさせる事は可能です。 史実馬の場合はスピードよりも、サブパラがアップした方が効果的です。

クラブの評価

クラブ総合評価「S」を達成するには、年間で20頭以上の募集馬が3年以上必要と考えて下さい。 そして、その全所有馬が最低でも評価額(募集額ではなく評価額)以上の賞金を稼ぐ必要があると考えて下さい。 なので、ウイニングポスト8でクラブ総合評価「S」を達成する事は、かなり難しいです。

会員数

会員数9万人以上で「S」になります。 基本的にクラブ馬の成績(勝利数など)で増減します。 他の評価を上げる事で自然と会員数は増えるので、殆ど気にする必要のない項目です。

通算評価

クラブの通算勝利数2000勝以上、G1通算勝利数50勝以上の両方を達成すると「S」になります。 地道に成績を積み重ねていくしか「S」にする方法はありません。 なので、クラブ総合評価「S」を狙いに行く時期は、通算評価「S」を達成した後でいいと思います。

本年評価

クラブの本年勝利数150勝以上、重賞20勝以上で「S」になります。 どの世代にも能力の高い所有馬が複数頭いないと、達成する事が難しい項目です。 ただし、金・銀の有力史実馬をクラブ馬にすれば、比較的簡単に達成できます。

売れ行き

年間で20頭以上の募集馬がおり、その内約80%以上が満口になると「A」になります。 これを3年続けて達成すると「S」になります。 史実馬は架空馬よりも売れ行きがよくなる傾向があるので、かなり面倒ですが、評価額の低い史実馬をクラブ馬にする事で簡単に達成できます。

価格設定

募集馬の回収率によって増減します。 評価「A」以上にするには、募集額が評価額に対して適正価格であり、年間10頭以上の募集馬がいる事が前提条件となります。 そして、3歳以上のクラブ所有馬の平均回収率が、募集額の3倍~10倍だと「A」になります。 これを3年続けて達成すると「S」になります。

最も「S」を獲得するのが難しい項目です。 能力の高い史実馬を毎年20頭(売れ行きSのため)クラブ馬にしても、達成できる確率は半々といったところだと思います。 評価額2000万以下の自家生産馬20頭の方が、達成しやすいような気がします。

総合評価

上記の全ての評価を上げる事で「S」になります。

クラブと知人

クラブの会員数が1万人増える毎に、知人がクラブに加入します。 知人がクラブに入るメリットは、その知人が購入したクラブ馬が好成績を残すと「クラブ指示書」を貰える事です。

  • 該当する知人の友好度が1以上でないと、会員数の条件を満たしても加入しない。
  • 該当する知人がクラブ代表者だと、会員数の条件を満たしても加入しない。(変更後に加入)
  • 該当する知人がプレイヤーの配偶者でも、会員数の条件を満たせば加入する。
  • 知人にはそれぞれ「好みの馬」が設定されており、それに合致するクラブ馬のみを購入する。
  • 知人が購入する馬は1世代で1頭、上限は4頭となる。

知人が加入する会員数

加入する知人 必要会員数
結城江奈 初期
鳴尾草平 1万人
坂越あずさ 2万人
井坂修三郎 3万人
アリスリード 4万人
エマトラド 5万人
如月英理子 6万人
有馬桜子 7万人

知人が好む馬

知人名 好みの馬
結城江奈 芦毛または白毛(斑は不可)
鳴尾草平 募集額が2500万以下の馬
坂越あずさ クラブ指示書を適用した馬
井坂修三郎 父の種付け料が300万以下の馬
アリスリード 米国産馬
エマトラド 欧州産馬
如月英理子 MY牝系に属する馬
有馬桜子 全てのサブパラがA以上の馬

知人を満足させる必要なし

知人の満足度(顔マーク)を上げる事が、クラブ総合評価「S」には繋がりません。 なので、クラブ総合評価「S」を目指す場合は、知人は無視していいと思います。

クラブ攻略法

クラブ総合評価「S」を達成するには、売れやすい史実馬をクラブ馬にしてしまうのが最も簡単な方法です。 自家生産馬で達成したい場合は、評価額を低くする事が最大のポイントになるでしょう。 なので、自家生産馬で達成したい場合は、爆発力が20以上で「お似合い配合」が成立する種牡馬と繁殖牝馬を計画的に生産しないと、総合評価「S」は難しいと思います。 ただし、史実馬が登場しない年度の場合は、難易度がグッと下がるので、評価額をある程度抑える事ができれば、いずれ必ず達成できると思います。

史実馬をクラブ馬にして、総合評価「S」を獲得する方法は以下のようになります。 これを4~5年繰り返せば、高い確率で総合評価「S」を獲得できます。

  1. 評価額が1億5000万以下の史実馬を毎年20頭、スピードとサブパラの高い馬を優先して購入して、その史実馬を全てクラブ馬にする。
  2. 募集額を一切変更せずに、サブパラの合計値の低い馬を優先して「クラブ指示書」を設定する。
  3. 該当史実馬以外の有力史実馬を全て購入して、プレイヤー所有馬にする。
  4. プレイヤー所有の史実馬は、クラブ馬を邪魔しないようにする。

正直、この方法は莫大な資金とお守りが必要になるので、クラブ総合評価「S」にここまでする価値があるかが疑問です。 また、サンデーサイレンスを未勝利で引退させる事で、評価額を下げる事もできますが、そこまでやる必要はないと思います。