馬データウイニングポスト8攻略

ウイニングポスト8のバージョン別の馬データ、馬の能力(ステータス)の攻略情報です。 架空馬を含めた全ての馬の能力は、ウイニングポスト8のバージョンによって異なります。 なので、各データを参考にする場合は、必ずバージョンを確認して下さい。

  1. 馬の能力(ステータス)
  2. 史実馬データの表記
  3. 史実馬データ2016版
  4. 史実馬データ2015版
  5. 史実馬データ無印版
  6. 初期種牡馬データ2016版
  7. 年度別種牡馬データ2016版
  8. 初期種牡馬データ2015版
  9. 年度別種牡馬データ2015版

馬の能力(ステータス)

ウイニングポスト8 2016の調教設定の追加で、バージョンによって重要な能力に多少違いがあります。 調教設定は効果大で、スピードA以上であれば、サブパラは調教で確実に上げる事ができます。 ただし、それが可能な馬は「健康がA以上・成長型が早め以降・成長力が有り以上」が条件となります。

なので、調教設定での成長を考えると、スピード・健康・成長型・成長力が最も重要となってしまいます。 ただし、産まれた時の初期値のみで考えた場合は、どのバージョンも差はないと思います。

スピード

D C B A S
45~59 60~63 64~70 71~74 75以上

馬のスピードの値です。 史実馬の最大値は79、プレイヤー牧場生産以外の架空馬の最大値は70となり、プレイヤー牧場生産の架空馬のみ80以上になる可能性があります。 ただし、種牡馬・繁殖牝馬の最大値は全て75となります。(初期種牡馬のみ79)

なので、現役時代に76以上のスピードがある馬(史実馬を含む)は、繁殖後は75まで落ちます。 また、基本的にサブパラ、成長型、成長力、寿命のいずれかに問題があると、どんなにスピード値が高くても全く活躍できないので、スピードが競走馬の最も重要な能力ではないと思います。

スタミナ

馬のスタミナの値です。(最大値100) 適正距離の最大値に影響します。 先天的な能力のためアップする事はありません。 また、国内3冠を達成するには、最低でも65以上のスタミナが必要と考えて下さい。

勝負根性

脚質「逃げ」「先行」に影響する値です。(S~C) B以下だと逃げ、先行での勝利が難しくなります。 「根性A以上・瞬発B以下・賢さB以下」だと、馬群に埋もれて先行できない事も多々あります。

瞬発力

脚質「差し」「追込」に影響する値です。(S~C) B以下だと差し、追込での勝利が難しくなります。 「根性B以下・瞬発A以上・賢さB以下」だと、馬群に突っ込み抜け出せなくなる事が多々あります。

賢さ

レースでの位置取り、調子に影響する値です。(S~C) 非常に重要な能力のひとつです。 賢さがA以上だと、放牧明けの調子の戻りが早く、長く好調を維持できます。 また、レース展開にも大きく影響(上記「勝負根性・瞬発力」参照)するので、B以下だと安定性に欠けます。

繁殖後の場合は「お笑い配合」「お似合い配合」の成立条件となります。 なので、牝馬で最も重要な能力は「賢さ」とも言えるでしょう。

パワー

坂・重馬場・ダートに影響する値です。(S~C) パワーがA以上だと、良馬場でスピードがアップします。 逆にB以下だと坂と重馬場の影響をモロに受けるので、坂のない競馬場のレースを選ぶ必要があります。 ただし、坂のない競馬場でも重馬場になるとキツいです。(坂のない競馬場は以下参照) 競馬場データ ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)

柔軟性

距離適性の幅に影響する値です。(S~C) 柔軟性がCだと、距離適性の幅が極端に狭くなります。 ただし、距離適性範囲内のレースであれば影響が殆どないので、あまり気にする必要のない能力です。

精神力

関東→関西、関西→関東、ローカル、地方遠征、海外遠征に影響する値です。(S~C) Cだと遠征では殆ど勝てなくなります。 なので、B以下の馬は、厩舎の地域を慎重に選ぶ必要があります。 また、ウイニングポスト8 2016以降のバージョンは、馬運車の建設で遠征のロスが大きく緩和されます。

健康

疲労の蓄積と故障に影響する値です。(S~C) 育成の効率にも影響します。 B以下の馬を「スパルタ」特性のある調教師に預けても健康はアップしません。 故障の確率が高くなるだけなので注意して下さい。

ウイニングポスト8 2016以降のバージョンでは、非常に重要な能力のひとつです。 A以上の馬は調教設定で、大きく能力が伸びる可能性があります。

気性

レースでの折り合い、スタミナのロスに影響します。 超激・激・荒い・普通・大人の5種類があり、超激はかなりのデメリットがあると考えて下さい。

気性の悪い馬はスタミナのロスが激しいので、距離が距離適性の上限ギリギリのレースでは高い確率で失速します。 また、激または超激の馬は、脚質が大逃げ、逃げ、追込みのいずれかになると考えて下さい。

距離適性

能力を発揮しやすい距離の範囲と考えて下さい。 スタミナと柔軟性の値で決まります。 ウイニングポスト8 2016以降のバージョンでは、スタミナと柔軟性に関係なく、調教設定で上限を伸ばす事が可能です。

馬場適性

芝・ダート・万能・万能○(まる)の4種類です。 適性がない馬場のレースでは、どんなにスピード値やサブパラが高くても勝てないと考えて下さい。 また、万能は馬場を選びませんが、スピードが若干落ちます。 万能○はスピードの低下はありません。

走法

走法は以下の3種類があり、馬格の大きさで走法が決まる場合が多いです。

普通
最も多い走法です。 メリットもデメリットもありません。
大跳び
馬格が大きい馬がなりやすい走法です。 良馬場だとスピードがアップ、重馬場だとスピードがダウンします。 パワーの影響が大きいので、パワーSの馬は良馬場でスピードが大幅にアップします。(重馬場のデメリットも緩和)
ピッチ
馬格が小さい馬がなりやすい走法です。 重馬場でスピードがアップします。 好スタートの確率もアップします。 デメリットはありません。

脚質

作戦に影響します。 瞬発力・勝負根性・気性の値で決まります。 気性に問題がなく、瞬発力と勝負根性の両方がA以上の馬は、脚質に関係なく自在と考えていいと思います。

特性

特性の上限は4です。(史実馬は5以上の場合あり) 主に特性の該当レースでのスピードに影響します。 特性については、以下のページを参考にして下さい。 競走馬の特性 ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)

成長型

以下の全8種類の成長型があります。 成長力と競争寿命の値で、活躍できる期間が決まります。 また、成長型が遅め・晩成の馬を早熟にエディットしても、早い時期に入厩する事は殆どありません。

早熟
成長のスピードが最も早く、3歳の春頃には本格化します。 ただし、競争寿命の減りが最も早いので、成長力が持続でも4歳の春で燃え尽きます。 使いにくい成長型ですが、多少能力が低くても海外2歳G1を勝ちやすいメリットがあります。
早熟鍋
基本的に早熟と変わりませんが、3歳で競争寿命が尽き、その後、成長度が80以下になると競争寿命が約70復活します。 復活した場合は5歳の秋頃まで活躍できます。 ただし、健康が低い馬だと成長度80以下が難しく復活できません。
早め
遅くても3歳の夏頃には本格化します。 競争寿命の減りが早いので、持続タイプでも5歳の春には能力が低下します。 また、成長力が「無」の場合は、一度も本格化する事なく3歳で燃え尽きる事も多々あります。
早め鍋
基本的に早めと変わりませんが、4歳の秋頃に競争寿命が尽き、その後、成長度が80以下になると競争寿命が約50復活します。 復活した場合は6歳の秋頃まで活躍できます。 ただし、健康が低い馬だと成長度80以下が難しく復活できません。
遅め
本格化するのは早くても3歳の秋以降です。 競争寿命の減りが緩やかなので、長く活躍できる成長型です。 持続タイプの場合は、6歳の秋頃まで活躍できます。 また、健康の値が高い場合は、最も調教設定で能力がアップしやすい成長型だと思います。
覚醒
かなり特殊な成長型です。 本格化するのは3歳の秋以降ですが、競争寿命が尽きても、成長度が80以下なる度に何度でも競争寿命が約60復活します。 なので、馬齢で強制引退になるまで活躍できます。 ただし、健康が低い馬だと成長度80以下が難しく復活できません。
晩成
本格化するのは早くても4歳の秋以降です。 競争寿命の減りが緩やかなので、7歳の夏頃までは活躍できます。
超晩成
本格化するのは早くても5歳の春以降です。 競争寿命の減りが最も緩やかなので、8歳の秋頃までは活躍できます。

成長度

上限を110としたマスクデータです。 史実馬の上限は全て110、架空馬の上限は平均で103と考えて下さい。 成長度が上限に達すると成長度MAXとなり、全ての能力が最大限に発揮できる状態となります。

基本的にレースで好走する事で徐々に増えていきます。 成長度の上がり方は成長力の影響が大きく、成長力が「ない」馬だと上限に達する前に競争寿命が尽きる事も多々あります。

成長力

ない・普通・有り・持続の4種類です。 成長力はエディットで確認できますが、基本的にはマスクデータと考えて下さい。 成長度の上がり方の早さ、競争寿命の減りに影響します。

成長力が「ない」の馬は、成長度の上がり方が非常に遅いので、本格化(成長度MAX)する前に衰える事も多々あります。 とくに成長型が早熟、早いの馬は、殆ど活躍できずに引退となる可能性大です。

競争寿命

最大値を100としたマスクデータです。 初期の平均値は60~70と考えて下さい。 減少量は成長型と成長力で違いがあり、レースに出走する事で徐々に減少し、0になると能力が衰えます。 基本的にグレードが高いレースほど減少量が多く、最も減少するのが海外G1です。

史実馬データの表記

性別
競走馬の性別
SP
79を最大としたスピードの値(詳細は「スピード」参照)
ST
100を最大としたスタミナの値(詳細は「スタミナ」参照)
合計
勝負根性・瞬発力・パワー・柔軟性・精神・賢さ・健康の合計値(最大21)
お守
お守りの色(金・銀・銅・赤・無)
パワ
パワーの値(詳細は「パワー」参照)
瞬発
瞬発力の値(詳細は「瞬発力」参照)
根性
勝負根性の値(詳細は「勝負根性」参照)
柔軟
柔軟性の値(詳細は「柔軟性」参照)
精神
精神力の値(詳細は「精神力」参照)
賢さ
賢さの値(詳細は「賢さ」参照)
健康
健康の値(詳細は「健康」参照)
気性
競走馬の気性(詳細は「気性」参照)
特性
競走馬の特性(詳細は「競走馬の特性」参照)
成型
競走馬の成長型(詳細は「成長型」参照)
成力
競走馬の成長力(詳細は「成長力」参照)
成度
100を最大とした競走馬の成長度(詳細は「成長度」参照)
寿命
100を最大とした残りの競争寿命(詳細は「競争寿命」参照)
距離
競走馬の距離適性の範囲(詳細は「距離適性」参照)
馬場
競走馬の馬場適性(詳細は「馬場適性」参照)
脚質
競走馬の脚質(詳細は「脚質」参照)
地域
現役時の所属地域
生産
生産地域
系統
競走馬が属する子系統
父馬
競走馬の父となる種牡馬
母馬
競走馬の母となる繁殖牝馬

ウイニングポスト8 2016史実馬

購入できる海外馬については「購入可能な海外馬について」、どの馬を選ぶか迷った時の判断基準については「走る馬とダメな馬」を参考にして下さい。

ウイニングポスト8 2015史実馬

購入できる海外馬については「購入可能な海外馬について」、どの馬を選ぶか迷った時の判断基準については「走る馬とダメな馬」を参考にして下さい。

ウイニングポスト8(無印)史実馬

購入できる海外馬については「購入可能な海外馬について」、どの馬を選ぶか迷った時の判断基準については「走る馬とダメな馬」を参考にして下さい。

ウイニングポスト8 2016初期種牡馬

ウイニングポスト8 2016年度別種牡馬

ウイニングポスト8 2015初期種牡馬

ウイニングポスト8 2015年度別種牡馬