最強配合(初級編)ウイニングポスト8攻略

全2段階で完成するウイニングポスト8の最強配合例「初級編」です。 ウイニングポスト8の全バージョン対応ですが、種牡馬繋養施設Lv3(海外種牡馬種付け)の名声条件が厳しい通常版(無印)の場合は、若干難易度が上がります。

初級編の概要

初級編はスピード+サブパラ値が高い史実種牡馬を〆として、その種牡馬に合った繁殖牝馬を生産する配合例です。 ミスタープロスペクター、ヌレイエフなどの「必ず系統を確立する種牡馬」を優先して選んでいるので、牝馬が産まれた場合は母父◎or○が必ず成立します。 3代前の4系統の親系統も分散しているので、血脈活性化配合も成立しやすいです。(系統確立する種牡馬の場合) また、繁殖牝馬は82~83年に入手可能な史実馬のみを使っています。

ノーザンテースト、マルゼンスキー、サクラユタカオーなどの、系統確立に影響する種牡馬を〆にした配合は「最強配合(系統確立編)」をお読み下さい。 配合内容は初級編と同じなので、難しくありません。

配合理論と配合評価

基本的に「どんな状況でも確実に成立する配合理論」のみ使用しています。 なので、ニックス、ライン活性配合などの配合理論は爆発力に加えていません。 また、インブリード、疾風・稲妻などのデメリットがある配合理論も使用していません。 配合評価は第1段階で生産する繁殖牝馬の出来次第でD~Sに変化すると考えて下さい。 なので、全てではありませんが、第1段階でも強い馬を生産しやすい配合にしています。

目的について

最強配合
金のお守りレベルの馬が誕生する可能性がある配合です。 目的が「最強配合」のみの配合は、繁殖後の使い道が殆どないと考えて下さい。
繁殖牝馬
牝馬が産まれた場合に優秀な繁殖牝馬になる配合です。 血統構成に優れた、爆発力を大きくしやすい繁殖牝馬と考えて下さい。
長距離
国内3冠を達成できるような、スタミナのある馬が誕生する可能性がある配合です。
  1. サドラーズウェルズ
  2. シアトルスルー
  3. スキャン
  4. スルーオダイナ
  5. ダンジグ
  6. ダンジグコネクション
  7. ヌレイエフ
  8. ミスタープロスペクター
  9. リファール

サドラーズウェルズ

サドラーズウェルズは、自然に系統を確立する馬の中では若干能力が低めです。 また、主流系統の血が意外に多く入っているので、あまり血を入れ過ぎると繁殖後の使い道がなくなります。 以下の配合例は爆発力が小さめですが、サドラーズウェルズ系が確立する前に以下の配合で重賞馬を複数排出できれば、テスコボーイ系とパーソロン系が高い確率でサドラーズウェルズ系のニックス対象になります。 それができれば、配合Aの爆発力が30以上になります。

サドラーズウェルズ最強配合A

配合
サドラーズウェルズ×(テスコボーイ×ハーバーソロン)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
テスコボーイ
繁殖牝馬
ハーバーソロン(初期パーソロン系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立
爆発力
血脈活性化配合6+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子11=24以上

後付ニックスで爆発力30以上を狙った配合(上記参照)ですが、第1段階の馬の出来次第では、爆発力24でも十分に強い馬を生産できます。

サドラーズウェルズ最強配合B

配合
サドラーズウェルズ×(パーソロン×スルー)
目的
最強配合繁殖牝馬長距離
種牡馬
パーソロン
繁殖牝馬
スルー(初期ボールドルーラー系)
難易度
条件
なし
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子8=23以上

スタミナの能力因子を持つサドラーズウェルズと、スタミナ値の高い繁殖牝馬スルーを使ったスタミナ重視の配合例です。 なので、第1段階の配合でもスタミナ値の高い繁殖牝馬を生産して下さい。

シアトルスルー

シアトルスルーはウイニングポスト8に登場する最も能力の高い種牡馬です。 なので、爆発力が多少低めでも十分大物を狙えます。

また、配合すると大種牡馬因子が外へ押し出されてしまうので、父シアトルスルーの繁殖牝馬を生産する場合は、配合相手の2世代前までの血統内に大種牡馬因子が必要になります。

シアトルスルー最強配合A

配合
シアトルスルー×(ノーザンダンサー×ネーハイテスコ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
ノーザンダンサー
繁殖牝馬
ネーハイテスコ(83年以降テスコボーイ系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子9=24以上

爆発力重視の配合です。 シアトルスルーの能力が突出しているので、超大物を狙える配合です。 ただし、血が入り過ぎた血統構成なので、繁殖牝馬としては若干使いにくいかもしれません。

シアトルスルー最強配合B

配合
シアトルスルー×(ダマスカス×スノーカッブ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
ダマスカス
繁殖牝馬
スノーカッブ(初期トムフール系)
難易度
条件
なし
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子4=19以上

繁殖後を優先したマイナー系統で固めた配合です。 爆発力は20以下ですが、十分大物を狙えます。 ただし、第1段階の繁殖牝馬の出来が悪いと、その確率は大きく下がります。

シアトルスルー最強配合C

配合
シアトルスルー×(パーソロン×ペトレア)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
パーソロン
繁殖牝馬
ペトレア(初期プリンスリーギフト系)
難易度
条件
なし
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子5=20以上

シアトルスルー×パーソロン×プリンスリーギフトの配合なので、ボトムラインが零細血統になる可能性があります。 なので、いずれメールライン活性配合が高い確率で成立する繁殖牝馬になります。

スキャン

隔世遺伝を成立させた完全に爆発力重視の博打配合です。 スキャンはサブパラの合計値は高いのですが、スピードがやや物足りません。 なので、爆発力が大きくても産駒の出来は安定しないと思います。

スキャン最強配合

配合
スキャン×(リヴァーマン×ケンスター)
目的
最強配合
種牡馬
リヴァーマン
繁殖牝馬
ケンスター(初期モスボロー系)
難易度
条件
リヴァーマン系確立/第1段階で因子の無い繁殖牝馬を生産/モスボロー系が零細血統
爆発力
血脈活性化配合6+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子10+隔世遺伝6+完全型活力補完3=32以上

隔世遺伝を成立させるために、第1段階で因子の無い繁殖牝馬を必ず生産して下さい。 爆発力重視の配合なので、第1段階の産駒の出来はあまり期待しないで下さい。

スルーオダイナ

スタミナ値が最大で、活力源化因子の多いスルーオダイナを使った配合です。 「お笑い配合」を成立させ、かなり強引に爆発力を30以上にしています。

スルーオダイナ最強配合

配合
スルーオダイナ×(ミスタープロスペクター×ケンスター)
目的
最強配合長距離
種牡馬
ミスタープロスペクター
繁殖牝馬
ケンスター(初期モスボロー系)
難易度
条件
ノーザンテースト系確立/スルーオダイナ所有/スルーオダイナを未勝利引退/第1段階で賢さA以上・評価額1億以上の繁殖牝馬を生産
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子10+お笑い配合5=30以上

難しいというよりも、第1段階で「賢さA以上+評価額1億以上」の繁殖牝馬を生産できるかどうかです。 後はスルーオダイナは未勝利で引退させ種牡馬にすれば、「お笑い配合」が成立して爆発力が30以上になります。(ノーザンテースト系確立後)

ダンジグ

ダンジグは能力が非常に高く、仔出しの値も平均的に高めなので、強い馬を生産しやすい種牡馬です。 なので、銅クラスの能力がある繁殖牝馬であれば、コンスタントに強い馬を生産できます。

ダンジグ最強配合A

配合
ダンジグ×(サーゲイロード×ボウモント)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
ボウモント(初期ボールドルーラー系)
難易度
条件
ダンジグ系確立/スペシャル種牡馬サーゲイロードを初期導入
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子9+SP昇華1=25以上

ダンジグ系は高い確率でサーゲイロード系、ボールドルーラー系とニックスになります。 なので、さらにダブルニックスの+4が追加され、計29以上の爆発力が得られる可能性があります。

ダンジグ最強配合B

配合
ダンジグ×(テスコボーイ×モンテオーカンorクインズベイ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
テスコボーイ
繁殖牝馬
モンテオーカン(初期ヒンドスタン系)/クインズベイ(初期ヒンドスタン系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立/ダンジグ系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子11=26以上

第1段階で能力因子のある繁殖牝馬を生産できた場合は、SP昇華配合で爆発力が+1となります。 定番のテスコボーイ×モンテオーカンの方が、強い繁殖牝馬を生産しやすいと思います。

ダンジグ最強配合C

配合
ダンジグ×(パーソロン×スルー)
目的
最強配合繁殖牝馬長距離
種牡馬
パーソロン
繁殖牝馬
スルー(初期ボールドルーラー系)
難易度
条件
ダンジグ系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子8=23以上

第1段階の配合でスタミナ値の高い繁殖牝馬を生産して下さい。 高い確率でボールドルーラー系との2次ニックスが成立するので、爆発力は24以上になると思います。

ダンジグコネクション

父ダンジグで能力因子を持たない種牡馬を探しました。 該当する馬の中から、スピード、サブパラの合計値が高いダンジグコネクションを選びました。

そのダンジグコネクションで隔世遺伝を成立させた爆発力重視の配合です。 爆発力重視の配合なので、産駒の出来に多少ムラがあると思います。

ダンジグコネクション最強配合

配合
ダンジグコネクション×(ミスタープロスペクター×ハギノトップレディorリニアクイン)
目的
最強配合
種牡馬
ミスタープロスペクター
繁殖牝馬
ハギノトップレディ(初期ファイントップ系)/リニアクイン(初期ベンドア系)
難易度
条件
ダンジグ系確立/第1段階で因子の無い繁殖牝馬を生産
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子7+SP昇華3+隔世遺伝6=31以上

必ず第1段階の繁殖牝馬の配合で因子の無い馬を生産して下さい。 そうしないと、爆発力6の隔世遺伝が成立しません。

ヌレイエフ

ヌレイエフは能力が突出しているので、爆発力は20以上あれば十分です。 なので、爆発力よりも繁殖後の使いやすさを最優先に考えた配合例にしました。

ヌレイエフ最強配合A

配合
ヌレイエフ×(シアトルスルー×スノーカッブ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
シアトルスルー
繁殖牝馬
スノーカッブ(初期トムフール系)
難易度
条件
ヌレイエフ系確立/シアトルスルー系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子7=22以上

繁殖後を考えた配合例です。 爆発力は小さめですが、配合に使うヌレイエフ、シアトルスルーの能力が突出しているので、この程度の爆発力でも十分最強クラスの馬を生産できます。

ヌレイエフ最強配合B

配合
ヌレイエフ×(サーゲイロード×ハギノトップレディ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
ハギノトップレディ(初期ファイントップ系)
難易度
条件
スペシャル種牡馬サーゲイロード初期導入/ヌレイエフ系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子7=22以上

配合A同様に繁殖後を考えた配合例です。 血統構成がマイナー系統なので、繁殖牝馬としては配合Aよりも使いやすいと思います。 また、能力因子を持つハギノトップレディを使うので、完全型活力補完が成立しやすい馬になります。

ミスタープロスペクター

全2段階でSP昇華配合Lv2と母父◎の同時成立を考えると、繁殖牝馬側の〆はダンジグとサーゲイロードしか選択肢がありません。 ダンジグを〆にすると血脈活性化配合8本型が成立しなくなるので、結果、サーゲイロードしか選択肢がなくなります。

ですが、引退後の事を考えると「ミスタープロスペクター×親系統ノーザンダンサー系の種牡馬」は使い道が限られるので、以下のようなノーザンダンサー系の血を入れない配合がベストだと思います。

ミスタープロスペクター最強配合A

配合
ミスタープロスペクター×(サーゲイロード×ミネノユウヒ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
ミネノユウヒ(初期オーエンテューダー系)
難易度
条件
スペシャル種牡馬サーゲイロードを初期導入
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子7+SP昇華配合3=25以上

SP昇華配合を成立させた非常に簡単な配合例です。 3代前までの血統が全てSP系の強い馬を生産できます。 牝馬になった場合は血統内にノーザンダンサー系が入っていないので、非常に使いやすい繁殖牝馬になります。

ミスタープロスペクター最強配合B

配合
ミスタープロスペクター×(サーゲイロード×ロイヤルミコマorレッドシグナル)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
ロイヤルミコマ(初期マンノウォー系)/レッドシグナル(初期マンノウォー系)
難易度
条件
スペシャル種牡馬サーゲイロードを初期導入
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子7+SP昇華配合3=25以上

配合内容は配合Aと殆ど差はありません。 第1段階で強い馬を生産できる可能性があるので、その馬の出来次第では「配合評価S」も狙えます。

リファール

リファールは、ゲーム開始時に系統を確立している種牡馬の中では現役期間が長く、能力も突出しています。 母が能力因子を持っているので、配合Cのように能力因子を持つ繁殖牝馬を使えば、完全型活力補完が成立しやすい繁殖牝馬を生産できます。

リファール最強配合A

配合
リファール×(テスコボーイ×ハーバーソロン)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
テスコボーイ
繁殖牝馬
ハーバーソロン(初期パーソロン系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子11=26以上

活力源化因子を多く取り入れ、爆発力を高めた配合例です。 第1段階の繁殖牝馬(テスコボーイ×ハーバーソロン)はダンジグを種付けしても大物を狙えます。

リファール最強配合B

配合
リファール×(サーゲイロード×ネーハイテスコ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
ネーハイテスコ(83年以降テスコボーイ系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立/スペシャル種牡馬サーゲイロード初期導入
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子10=25以上

高い確率でリファールとサーゲイロードのシングルニックスが成立します。 なので、爆発力は27以上と考えて下さい。 第1段階で生産する繁殖牝馬(サーゲイロード×ネーハイテスコ)はノーザンテースト、ダンジグ、ミスタープロスペクターなどと配合しても強い馬を生産できます。

リファール最強配合C

配合
リファール×(サーゲイロード×アグネステスコ)
目的
最強配合繁殖牝馬
種牡馬
サーゲイロード(スペシャル種牡馬)
繁殖牝馬
アグネステスコ(83年以降テスコボーイ系)
難易度
条件
テスコボーイ系確立/スペシャル種牡馬サーゲイロード初期導入
爆発力
血脈活性化配合8+母父◎4+種牡馬施設3+活力源化因子9=24以上

高い確率でリファールとサーゲイロードのシングルニックスが成立します。 なので、爆発力は26以上と考えて下さい。 因子持ちの繁殖牝馬アグネステスコを使うので、3代前の4系統全てが能力因子を持つ「完全型活力補完」が成立しやすい馬が誕生します。