活力源化因子(配合理論)ウイニングポスト8攻略

  1. ウイニングポスト8攻略
  2. 最強配合・配合理論
  3. 活力源化因子(配合理論)

父(種牡馬)と母(繁殖牝馬)の血統内に、系統を確立している先祖馬がいる場合に成立する「活力源化因子」の攻略情報です。 ウイニングポスト8の「核」となる配合理論のひとつです。 全ての配合理論の中で最も成立条件が単純です。

活力源化因子

リヴァーマン(確立前) | ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)
リヴァーマン(確立前)

リヴァーマン(上画像)を例にして説明します。 銀色の馬ネヴァーベント、ネアルコが「活力源化名種牡馬因子」となります。 金色の馬ナスルーラが「活力源化大種牡馬因子」となります。 リヴァーマン系が確立すると以下のように変化します。(下画像)

リヴァーマン(確立後) | ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)
リヴァーマン(確立後)

リヴァーマン系の確立でリヴァーマンが「活力源化名種牡馬因子(銀色の馬)」になります。 リヴァーマン系の確立でネヴァーベント系が親系統へ昇格(ミルリーフ系が確立しているため)するので、ネヴァーベント系は「活力源化大種牡馬因子(金色の馬)」に変化します。

爆発力は最大15

種牡馬は最大8つ、繁殖牝馬は最大7つ活力源化因子を入れる事が可能です。 なので、単純に考えると「血脈活性化配合8本型+母父◎+種牡馬施設+活力源化因子」のみで爆発力を30以上にする事ができます。 これが最もわかりやすい「爆発力30以上の配合」だと思います。

実行するには複数の系統の確立が必要になりますが、同時に活性因子も多く取り込めるので有効な方法です。 また、アウトブリードで爆発力40~50以上を目指す場合は、この方法が必要不可欠だと思います。 「最強配合(上級編)」でもこの方法で爆発力を40以上にしているので参考にして下さい。

母父に活力源化因子のある種牡馬

上記の「爆発力最大15」を考えた場合、必ず母父に活力源化因子(系統を確立している馬)があり、3世代続けて系統を確立している種牡馬が必要になります。 これに該当する種牡馬は、ゲーム開始時にノーザンダンサーとテスコボーイ(テスコボーイ系確立後)しかいません。

バックパサー系、マルゼンスキー系を確立すればマルゼンスキー、ヘイロー系、デヴィルズバッグ系を確立すればデヴィルズバッグなどがこれに該当します。 なので、母父に活力源化因子があり、2世代続けて系統を確立している種牡馬での系統確立は非常に効果的です。

成立条件と効果

活力源化大種牡馬因子

父と母の先祖にそれぞれ大種牡馬因子(金色)を持つ馬、つまり親系統へ昇格している馬がいる場合に成立します。 因子の数に応じて爆発力がアップします。 (該当数×1UP) ただし、インブリードが発生した場合は効果が半減します。

活力源化名種牡馬因子

父と母の先祖にそれぞれ名種牡馬因子(銀色)を持つ馬、つまり系統を確立している馬がいる場合に成立します。 因子の数に応じて爆発力がアップします。(該当数×1UP) ただし、インブリードが発生した場合は効果が半減します。

成立のためのワンポイント

活力源化因子は配合を重ねる事で、どんどん外へ押し出されてしまいます。 なので、3世代前までに名種牡馬因子、大種牡馬因子がそれぞれ残る血統構成を考えた配合が重要です。