アウトブリード・インブリード(配合理論)ウイニングポスト8攻略

  1. ウイニングポスト8攻略
  2. 最強配合・配合理論
  3. アウトブリード・インブリード(配合理論)

父(種牡馬)と母(繁殖牝馬)の血統内に同一の馬がいる場合に成立する「インブリード」、1頭もいない場合に成立する「アウトブリード」の攻略情報です。

アウトブリード・インブリード

インブリードは近視配合なのでデメリットがあります。 そのため産駒の能力がかなりバラつきます。 逆にアウトブリードはプラス効果しかありません。 なので、ウイニングポスト8でコンスタントに強い馬を生産したい場合は「アウトブリード」が基本と考えて下さい。

インブリードのデメリット

血脈活性化配合7本型以上を同時に成立させることで、インブリードのデメリットは軽減できます。 ただし、活力源化因子などの効果も半減してしまうので、インブリードの能力因子がスピードであっても、結果的にデメリットとリスクの方が大きくなる場合が殆どです。

成立条件と効果

アウトブリード

父と母の祖先(4世代以内)に同じ馬がいない場合に成立します。 ただし、ラインブリードが成立する場合はアウトブリードにはなりません。 効果は精神力・賢さ・健康・柔軟性・競走寿命のアップです。

インブリード

父と母の祖先(4世代以内)に同じ馬がいる場合に成立します。(近親配合) その先祖馬(インブリードが発生した先祖馬)の能力因子に対応した能力がアップします。 ただし、気性難や体質の弱化などの危険度も高くなります。

血が濃い程効果もアップしますが、その分危険度も高くなります。 インブリードが発生した先祖馬の能力因子がSPの場合は、「SP因子数×3」爆発力がアップします。(最大6)