活性因子(配合理論)ウイニングポスト8攻略

父(種牡馬)と母(繁殖牝馬)の先祖馬の因子によって能力が強化される「活性因子」の攻略情報です。 能力因子だけでなく、早熟・晩成・気性難などの全ての因子が能力に影響します。

活性因子

配合する父と母の因子の数が多いほど、能力がアップしやすくなる配合理論です。 スピード因子の場合はスピードもアップしますが、爆発力の値には反映されません。

能力因子を2つ持つ種牡馬の重要性

能力因子を2つ持つ種牡馬で系統を確立すれば、その種牡馬が父の繁殖牝馬は母父◎が成立します。 同時に若い世代に能力因子が2つ付くので、活性因子による能力アップも期待できます。 能力が因子がスピードの場合は、スピードアップも期待できます。

なので、能力因子を2つ持つ種牡馬で能力因子を2つ持つ種牡馬を生産し、その系統を切れ目なくつないで系統確立していけば、血統内に多くの能力因子を持つ種牡馬になります。

テスコボーイ系→サクラユタカオー系、ノーザンダンサー系→ニジンスキー系→マルゼンスキー系などがこれに該当します。 これが結果的に活力因子での能力アップにつながります。

成立条件と効果

父と母の血統内に同じ因子を持つ先祖馬がいる事が成立条件となります。 そして、以下の条件で産駒の能力がアップします。

  • 同じ因子を持つ先祖馬が多いほど、その該当因子の能力がアップしやすい。
  • 世代が若い先祖馬の因子ほど、その該当因子の能力がアップしやすい。

配合時にどの能力がアップしやすいかは、配合評価画面の「父系因子/母系因子」で確認できます。 そして、実際にどの能力が活性因子によってアップしたかは、受胎後の「確定サイン」で確認できます。 確定サインに「+」が付いている因子は、通常よりも能力がアップした事を表します。

成立のためのワンポイント

「活性因子」を多く取り入れる事を優先すると、血統(配合)を考えるのが難しくなります。 「母父◎」の成立と「活力源化因子」を多く取り入れる事を考えれば、結果的に活性因子での能力アップにつながります。 なので、配合に慣れるまでは「活性因子」を意識して配合を考える必要はありません。

配合に慣れてきたら、スタミナの底上げに活性因子は有効なので、できるだけ若い先祖にスタミナ因子が入る配合を考えると効果的です。 また、私の場合は活性因子は完全に無視です。 爆発力30以上の配合を考えると、自然と血統内は能力因子だらけになるので、それで活性因子の効果は十分得られます。

種牡馬・繁殖牝馬の因子

引退後に種牡馬と繁殖牝馬に因子が付く条件は以下のようになります。 ただし、史実馬は以下の条件に関係なく、最初から付く因子が決まっています。

種牡馬の因子

スピードが71以上(海外入厩馬は74)・サブパラにSが2つ以上で2つ。 それ以外は2/3の確率で1つ。 ただし、付与される因子は能力因子とは限りません。

繁殖牝馬の因子

スピードが71以上(海外入厩馬は74)・サブパラにSが1つ以上で付与。 それ以外は付きません。 ただし、付与される因子は能力因子とは限りません。