リヴァーマン系ウイニングポスト8攻略

ネヴァーベント系の新系統「リヴァーマン系」の確立に関連するウイニングポスト8の攻略情報です。 83~84年にミルリーフ系が確立するので、リヴァーマン系の確立と同時にネヴァーベント系は親系統へ昇格します。 自然確立する可能性は低いですが確立は簡単です。

  1. リヴァーマン系
  2. 確立のポイント
  3. 新系統に属する主な史実馬
  4. 確立例
  5. 親系統への昇格と後継系統

リヴァーマン系

比較的早い年代で親系統ナスルーラ系からネヴァーベント系が離脱できるので、確立させる価値の高い系統と言えるでしょう。 確立後は父リヴァーマンだげでなく、父ミルリーフの繁殖牝馬も使いやすくなり、ナスルーラ系から離脱するので血脈活性化配合も成立しやすくなります。

リヴァーマンは父が大種牡馬因子、母が能力因子を持っているので昇華配合、ライン活性配合、完全型活力補完などの成立に役立つ種牡馬です。 なので、父リヴァーマンの優秀な繁殖牝馬を生産する過程で、リヴァーマン系の支配率を上げていくと効率よく確立できます。

オススメ度
A
早い年代でネヴァーベント系が親系統へ昇格するので確立させる価値は高いです。 また、血統的にも強い馬を生産するのに欠かせない系統と言えるでしょう。
難易度
確立は難しくありません。
血統支配率
世界
血統支配率を世界で2%以上にして確立します。
引退年
95年
96年に誕生する直仔の史実馬がいるので95年までは必ず現役です。
所有
不可
所有はできません。
史実馬での確立
史実馬のみで確立できます。
エディット
必要なし
エディットは必要ありません。
因子
SP・根性
確立後は父リヴァーマンの繁殖牝馬は「母父◎」が成立します。
系統特性
なし
系統特性はありません。

リヴァーマン系確立のポイント

  1. 93年までに確立する。
  2. 86年(年末)に輸入種牡馬ベルマンを購入する。
  3. 88年(年末)に輸入種牡馬リヴリアを購入する。
  4. ナリタタイシン(90)で国内G1を勝利してリヴリアの種付け料を上げる。
  5. トリプティク(82)で欧州G1を勝利してリヴァーマンの種付け料を上げる。
  6. ハトゥーフ(89)またはパラダイスクリーク(89)で米国G1を勝利してアイリッシュリヴァーの種付け料を上げる。
  7. リヴァーマン、アイリッシュリヴァーに合った繁殖牝馬を82~84年で生産する。
  8. 自家生産する場合はリヴァーマン、アイリッシュリヴァーを優先して種付けする。

絶対条件はA~Cのみです。 93年までに確立する理由は、同時期にダンジグ、ヌレイエフ、シアトルスルーなどの系統確立と重なる可能性があるためです。 なので、確実に確立させるには93~95年の3年間は支配率の条件を常に満たしておきましょう。 ベルマン、リヴリアは所有しないと早期引退します。 お手軽配合 ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応) 最強配合(系統確立編) ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応) ウイニングポスト8の場合は、史実馬よりも自家生産で支配率を上げた方が効率がいいです。 貴重な海外史実馬をリヴァーマンのためだけに使うのは勿体無いです。 リヴァーマン系の自家生産については、上のページの配合例を参考にして下さい。

史実馬のみで確立したい場合は、トリプティクでリヴァーマン、パラダイスクリークでアイリッシュリヴァー、ナリタタイシンでリヴリアの種付け料を上げて下さい。 他の系統の支配率にもよりますが、リヴリアとベルマンを所有していれば、ナリタタイシンのみでも確立できる場合もあります。

リヴァーマン系に属する主な史実馬

セヴンスプリングス、ハトゥーフ、パラダイスクリークはアイリッシュリヴァー産駒、ナリタタイシン、マイヨジョンヌはリヴリア産駒です。(は牝馬)

81年
ルション
82年
リヴリア
82年
トリプティク
82年
セヴンスプリングス
88年
ラヒブ
89年
オールアットシー
89年
ハトゥーフ
89年
パラダイスクリーク
90年
ナリタタイシン
90年
マイヨジョンヌ

リヴァーマン系の確立例

94年に血統支配率2.2%(世界)で確立した例です。 所有した史実馬はナリタタイシンのみです。 ベルマンとリヴリアは輸入時に購入しています。 93年にナリタタイシンがいない状態で確立の条件は満たしていましたが、ノーザンテースト系が確立してしまったため確立できませんでした。

  • リヴァーマン 2050万
  • 自家生産馬(リヴァーマン産駒) 1500万
  • アイリッシュリヴァー 1500万
  • 自家生産馬(アイリッシュリヴァー産駒) 650万
  • リヴリア 800万
  • ナリタタイシン(リヴリア産駒) 800万
  • プラウドアイリッシュ(アイリッシュリヴァー産駒) 250万
  • ルション 550万
  • ラヒブ 200万
  • 自家生産馬(アイリッシュリヴァー産駒) 150万
  • ベルマン 100万

リヴァーマン系の昇格と後継系統

ネヴァーベント系が親系統へ昇格するので、リヴァーマン系を親系統へ昇格させる必要はありません。 後継馬は確立でST系統になるリヴリアが最有力候補です。

期間的にかなりキツいですが、一気にアイリッシュリヴァー系まで確立するのもアリだと思います。 ただし、どちらにしても能力因子が1つしかないので、繋ぎの系統確立になります。