サクラユタカオー系ウイニングポスト8攻略

プリンスリーギフト系(テスコボーイ系)の新系統「サクラユタカオー系」の確立に関連するウイニングポスト8の攻略情報です。 テスコボーイ系を確立していない場合は「SP系統」になります。 ただし、テスコボーイ系を確立していない場合は、確立する価値が殆どない系統です。

  1. サクラユタカオー系
  2. 確立のポイント
  3. 新系統に属する主な史実馬
  4. 確立例
  5. 後継系統

サクラユタカオー系

テスコボーイ系を確立していないと効果が半減する系統です。 親系統がナスルーラ×ナスルーラの種牡馬なので使いにくいですが、プリンスリーギフト系を親系統へ昇格させると非常に使いやすくなります。(テスコボーイ系については以下のページ参照) テスコボーイ系 ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応) サクラユタカオー系と次の世代の系統を確立すれば、プリンスリーギフト系は親系統へ昇格します。 なので、早めに能力因子が2つある後継馬を生産し、その系統を確立する過程でサクラユタカオー系を確立すると効率的です。(サクラバクシンオー系など)

オススメ度
A~C
テスコボーイ系を確立していないと確立する意味があるのかが微妙です。 なので、テスコボーイ系を確立している場合は「A」、していない場合は「C」と考えて下さい。
難易度
所有可能なので期間に余裕があります。 なので、難しくありませんが遅くとも02年くらいまでに確立しないと、サンデーサイレンス系の繁栄により難易度が上がります。
血統支配率
日本
血統支配率を日本で5%以上にして確立します。
引退年
96年
所有しないと96年前後に引退します。(所有は絶対条件)
所有
初年度の3月5週までに母のアンジェリカを購入すれば自牧場生産にできます。
史実馬での確立
不可
系統に属する史実馬がそこそこいるので完全に不可能ではありませんが、自家生産で支配率を上げた方が簡単です。
エディット
必要なし
必要ありません。 ダイナマイトダディ、オースミマックスなどをエディットすれば史実馬のみで95年までに確立も可能です。
因子
SP・瞬発
能力因子が2つあり、片方が「スピード」なので申し分ありません。 確立後は父サクラユタカオーの繁殖牝馬は「母父◎」が必ず成立します。
系統特性
なし
テスコボーイ系を確立していない場合は「SP系統」になります。

サクラユタカオー系確立のポイント

1500万で種牡馬になれるような史実馬はサクラバクシンオーくらいしかいないので、重賞~G1クラスの馬を生産していく必要があります。

ウイニングポスト8 2015以降のバージョンでは分場があるので、種牡馬入りしない可能性のある史実馬を所有して無理矢理種牡馬にするよりも、自家生産した方が効率がいいと思います。 上記を含めたサクラユタカオー系確立のポイントは以下の4点になります。

  1. サクラユタカオー(82)、サクラバクシンオー(89)を自己所有して自牧場の種牡馬にする。(シンジケート不可)
  2. サクラバクシンオー(89)、エアジハード(95)、ウメノファイバー(96)を日本で活躍させてサクラユタカオーの種付け料を上げる。
  3. サクラユタカオーとサクラバクシンオーを種付けして自家生産する。
  4. サクラユタカオーに合った繁殖牝馬を生産する。

サクラユタカオーを所有すれば期間に余裕があるので、以下のページの配合例を参考に自家生産で支配率を上げていきましょう。 最強配合(系統確立編) ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応) 90年代半ばに確立したい場合は、サクラユタカオーを未勝利で引退させ、お笑い配合を成立させるのもひとつの手段です。

サクラユタカオー系に属する主な史実馬

確立後、系統に属する主な史実馬は以下になります。(ショウナンカンプはバクシンオー産駒) サクラバクシンオー、エアジハード、ウメノファイバー以外の史実馬は能力的に見劣りします。(は牝馬)

88年
ダイナマイトダディ
89年
サクラバクシンオー
90年
ユキノビジン
91年
オースミマックス
91年
テンザンユタカ
92年
サクラキャンドル
95年
エアジハード
95年
トゥナンテ
96年
ウメノファイバー
98年
ショウナンカンプ

サクラユタカオー系の確立例

95年に血統支配率5.1%(日本)で確立した例です。 完全に自家生産メインなので参考にならないかもしれません。 所有した史実馬はサクラユタカオーとサクラバクシンオーのみです。 サクラユタカオーはお笑い配合狙いで未勝利で引退させています。

  • サクラユタカオー 2650万
  • サクラバクシンオー 1500万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 1500万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 1200万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 1000万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 600万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 500万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 300万
  • ダイナマイトダディ 200万
  • 自家生産馬(サクラユタカオー産駒) 200万

サクラユタカオー系の後継系統

最も確立させやすいのはサクラバクシンオーですが、母父にノーザンテーストがいるのでテスコボーイ系を繋ぐ意味がなくなってしまいます。 なので、ノーザンダンサー、ミスタープロスペクターの血が入っていない、能力因子が2つある後継馬を自家生産して系統を繋ぐのがベストだと思います。