シャーペンアップ系ウイニングポスト8攻略

ネイティブダンサー系(エタン系)の新系統「シャーペンアップ系」の確立に関連するウイニングポスト8の攻略情報です。 自然確立することもある系統です。 オーソーシャープ(クリス産駒)の所有が必要不可欠なので、シャーペンアップ系の確立を狙う場合は、トリプティク(リヴァーマン産駒)は所有できないと考えて下さい。(エディットなしの場合)

  1. シャーペンアップ系
  2. 確立のポイント
  3. 新系統に属する主な史実馬
  4. 確立例
  5. 親系統への昇格と後継系統

シャーペンアップ系

確立に費やせる年数が短く、ミスタープロスペクター系の確立時期とも被ります。 なので、確実に確立したい場合はエディットしましょう。 エディットすれば非常に簡単です。

親系統がネイティブダンサーなので少し使いづらい系統ですが、ミスタープロスペクター系は親系統へ昇格します。 なので、ネイティブダンサー系の後継系統として「エタン系→シャーペンアップ系→クリス系」と繋いでいけば、非常に使いやすい系統になります。

また、シャーペンアップ系は、さらにクリス系を確立させることでプラス効果を得られる系統です。 なので、クリス系の確立も同時進行した方が効率的です。 ただし、クリス系の確立は早くても95年以降になるでしょう。

オススメ度
S~A
続けてクリス系を確立させる場合は「S」、それ以外は「A」です。
難易度
プレイヤーが介入しなくても自然確立する場合もあるので難しくありません。 ただし、通常版(無印)は「難」と考えて下さい。
血統支配率
世界
血統支配率を世界で2%以上にして確立します。
引退年
86~87年
87年が基本となります。
所有
不可
所有はできません。
史実馬での確立
一応「可」ですが、海外セリ馬を無理矢理種牡馬にした方が確実です。
エディット
半々
確実且つ簡単に確立したい場合はエディットして下さい。
因子
SP
確立後は父シャーペンアップの繁殖牝馬は「母父○」が成立します。 因子も「SP」なので役立ちます。
系統特性
なし
系統特性はありません。

シャーペンアップ系確立のポイント

  • オーソーシャープ(82)年で欧州G1を勝利してクリスの種付け料を上げる。
  • 海外セールでシャーペンアップ系に属する幼駒を購入して種牡馬にする。

エディットしない場合は、オーソーシャープでクリスの種付け料をどれだけ上げられるかが最大のポイントです。 欧州G1しか種付け料には影響しないので、賞金の高いドバイ、香港のレースを中心にできるだけ多くのG1に勝利して下さい。

また、支配率を底上げするために、シャーペンアップ、クリス産駒の馬を海外セリで購入して種牡馬にして下さい。(クリス産駒優先)

シャーペンアップ系に属する主な史実馬

オーソーシャープ、リーチ、フラッシュオブスティールはクリス産駒です。 エディットする場合は、確実に種牡馬になるシャーポ、ダイイシス、リーチをエディットするといいでしょう。(は牝馬)

77年
シャーポ
80年
ダイイシス
81年
キーン
81年
ぺブルス
82年
オーソーシャープ
82年
リーチ
83年
フラッシュオブスティール
84年
トランポリノ

シャーペンアップ系の確立例

87年に血統支配率2.1%(世界)で確立した例です。(エディットなし) 所有した史実馬はオーソーシャープ(牝馬)のみです。 海外セール購入馬で支配率を底上げしました。 87年にリーチ、フラッシュオブスティールが種牡馬入りして確立できました。

  • シャーペンアップ 1500万
  • クリス 1750万
  • シャーポ 1200万
  • ダイイシス 550万
  • キーン 550万
  • ダイイシス 150万
  • リーチ(クリス産駒) 150万
  • フラッシュオブスティール(クリス産駒) 150万
  • 海外セール購入馬(クリス産駒) 50万
  • 海外セール購入馬(クリス産駒) 50万
  • 海外セール購入馬(クリス産駒) 50万

シャーペンアップ系の昇格と後継系統

ミスタープロスペクター系が親系統へ昇格するので、親系統へ昇格させる必要はありません。(親系統ネイティブダンサーで十分) クリス系 ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応) 後継馬(後継系統)はクリスで決まりです。(クリス系については上のページ参照) クリス系から系統を繋いでいけば、いずれエタン系が親系統へ昇格します。