カンパラ系+トニービン系ウイニングポスト8攻略

  1. ウイニングポスト8攻略
  2. 系統確立・系統保護
  3. カンパラ系+トニービン系

グレイソヴリン系(カラムーン系)の新系統「カンパラ系」と「トニービン系」の確立に関連するウイニングポスト8の攻略情報です。 カンパラ系(トニービンの父)とトニービン系を連続で確立させる方法となります。 トニービン系のみでも価値のある系統確立ですが、カラムーン系→カンパラ系→トニービン系の3世代連続確立で、グレイソヴリン系が親系統へ昇格するので、トニービン系のみを確立するのは少し勿体無いと感じます。

  1. カンパラ系
  2. トニービン系
  3. 確立のコツ
  4. 新系統に属する主な史実馬
  5. 確立例
  6. 親系統への昇格と後継系統

カンパラ系

93年にカンパラ(輸入種牡馬)を購入する事が、確立の絶対条件と考えて下さい。 トニービン系を確立する事が前提の系統確立です。 なので、カンパラ系のみを確立しても全く意味がありません。

カンパラ系の難点は、種付け料を上げる手段がトニービンを活躍させる以外にない事です。 カンパラは仔出しの値が極端に低く、血統構成にも問題があるので、重賞クラスの馬を生産するのが難しいです。

なので、トニービンでカンパラの種付け料をどれだけ上げられるかが、最大のポイントになると思います。 また、カンパラの種付け料は、父のカラムーン系の確立にも大きく影響します。

オススメ度
S~E
父のカラムーン系+産駒のトニービン系を確立する場合はS、トニービン系のみの場合はA、それ以外はEと考えて下さい。
難易度
難関はカンパラの種付け料のみです。
血統支配率
日本
血統支配率を日本で5%以上にして確立します。
引退年
94年
2016では94年年末の引退が基本です。 所有可能なので延長できます。
所有
93年年末に輸入されます。 所有しないと確立は難しいです。
史実馬での確立
不可
完全に不可能ではありませんが、カンパラ直仔の馬を生産しないと確立は難しいと思います。
エディット
必要なし
トニービン産駒の史実馬をエディットすれば、比較的簡単に確立できます。 ただし、自家生産も必要だと思います。
因子
SP
確立後は父カンパラの繁殖牝馬は「母父○」が成立します。
系統特性
なし
系統特性はありません。

トニービン系

父がトニービンの史実繁殖牝馬が多いので、トニービン系のみの確立でも、効果を得られる系統です。 ただし、トニービンは仔出しの値が非常に高いので、あまり気にする必要はありませんが、確立するまでは名種牡馬因子がないので、爆発力を高めにくい種牡馬です。

オススメ度
S~B
父のカンパラ系、祖父のカラムーン系を確立している場合はS、カンパラ系のみの場合はA、それ以外はBと考えて下さい。
難易度
トニービン系のみであれば、史実馬で確立できるので簡単です。
血統支配率
日本
血統支配率を日本で5%以上にして確立します。
引退年
00年
2000年年末の引退が基本です。 所有する事で延長可能です。
所有
競走馬として所有できます。 輸入種牡馬として購入も可能です。
史実馬での確立
史実馬のみで確立できます。
エディット
必要なし
エディットの必要はありません。 トニービン直仔の史実馬をエディットすれば、90年代半ばで確立する事も可能です。
因子
瞬発・パワー
確立後は父トニービンの繁殖牝馬は「母父◎」が成立します。
系統特性
なし
系統特性はありません。

カンパラ系+トニービン系確立のコツ

  1. トニービン(83)で賞金の高いG1(欧州)を勝利して、カンパラの種付け料を上げる。
  2. 93年の年末にカンパラ(輸入種牡馬)を購入する。(トニービンの活躍で高額なので資金に注意)
  3. トニービン、カンパラはシンジケートを絶対に結成しない。
  4. カンパラでシュンライイベントを発生させ、カンパラの種付け料をキープする。
  5. ウイニングチケット、エアダブリン、エアグルーブ、ベガ、ノースフライト、オフサイドトラップ、ロイスアンドロイスなどを所有して、トニービンの種付け料を上げる。
  6. 種付け料50万でいいので、カンパラ直仔の種牡馬を3~4頭生産する。

重要なのはA~Cです。 そして、最も難しいのがカンパラの種付け料のキープです。 トニービンを賞金の高い欧州G1で活躍させ、1500万前後まで種付け料を上げて下さい。 ただし、確立する頃には、1000万以下まで下がってしまいます。

なので、牝馬3冠を確実に達成できるメジロラモーヌ、マックスビューティなどを自牧場生産にして、カンパラを種付けしてシュンライイベントを発生させて下さい。 これで、カンパラの種付け料をキープできます。 また、カンパラ直仔の自家生産馬で重賞を勝てる場合は、シュンライは必要ありません。 シュンライ(春雷)・シュンラン(春嵐) ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)

ただし、上記でも述べたように、カンパラは仔出しの値が極端に低いので、強い馬を生産できる確率も低いです。 なので、支配率はトニービン産駒の史実馬に任せて、3~4頭カンパラ直仔の馬を無理矢理種牡馬にした方が手っ取り早いです。

トニービン系に関しては、ウイニングチケット、エアダブリン、エアグルーブ、ベガ、ノースフライトを活躍させれば、あっという間に種付け料は2000万を超えます。 また、オフサイドトラップ、ロイスアンドロイスなどは史実だと種牡馬入りしないので、史実馬のみで確立したい場合は所有をおすすめします。

自家生産をメインに確立したい場合は、以下のページのトニービンとカンパラの配合例を参考にして下さい。 仔出しの低いカンパラでも、重賞クラスの馬であれば比較的簡単に生産できると思います。 最強配合(系統確立編) ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)

新系統に属する主な史実馬

カンパラ産駒はトニービンのみです。 他は全てトニービン産駒となります。 トニービン系のみであれば、95年産までの史実馬で確立可能です。(は牝馬)

83年
トニービン
90年
ウイニングチケット
90年
アイリッシュダンス
90年
ノースフライト
90年
ベガ
90年
ロイスアンドロイス
90年
サクラチトセオー
91年
オフサイドトラップ
91年
エアダブリン
92年
ユウキビバーチェ
93年
ロングカイウン
93年
エアグルーヴ
95年
ロードクロノス
95年
ミスズシャルダン
95年
エモシオン
96年
ロードプラチナム
97年
マックロウ
97年
エアトゥーレ
98年
ダービーレグノ
98年
サイドワインダー
98年
テンザンセイザ
98年
ジャングルポケット
98年
レディパステル
99年
レニングラード
99年
ナリタセンチュリー
99年
テレグノシス

確立例

カンパラ系は98年に血統支配率5.1%(日本)、トニービン系は00年に血統支配率5.3%(日本)で確立した例です。 カンパラの種付け料は、「カンパラ×メジロラモーヌ」でシュンライイベントを発生させ、その馬で種付け料をキープしました。

自己所有した史実馬は、ウイニングチケット、エアダブリン、オフサイドトラップ、ロイスアンドロイス、ミスズシャルダン、ベガ、エアグルーブ、ノースフライト、アイリッシュダンスです。

カンパラ系確立例(98年)

  • カンパラ 1450万
  • トニービン(カンパラ産駒) 2450万
  • エアダブリン(トニービン産駒) 1500万
  • ウイニングチケット(トニービン産駒) 1200万
  • サクラチトセオー(トニービン産駒) 850万
  • オフサイドトラップ(トニービン産駒) 550万
  • ロイスアンドロイス(トニービン産駒) 450万
  • 自家生産馬(カンパラ産駒) 50万
  • 自家生産馬(カンパラ産駒) 50万
  • 自家生産馬(カンパラ産駒) 50万
  • 自家生産馬(カンパラ産駒) 50万

トニービン系確立例(00年)

  • トニービン 2650万
  • 自家生産馬(トニービン産駒) 1500万
  • エアダブリン 1100万
  • 自家生産馬(トニービン産駒) 1000万
  • ウイニングチケット 850万
  • サクラチトセオー 550万
  • オフサイドトラップ 350万
  • ロイスアンドロイス 250万
  • ミスズシャルダン 300万
  • ミラクルアドマイヤ 50万

親系統への昇格と後継系統

カラムーン系+カンパラ系+トニービン系の確立で、グレイソヴリン系が親系統へ昇格するので、その場合はトニービン系を昇格させる必要はありません。 カンパラ系+トニービン系のみの場合は、トニービン直仔の後継馬を生産して、その馬の系統を確立する事でグレイソヴリン系が親系統へ昇格します。 カラムーン系 ウイニングポスト8攻略(2017/2016/2015対応)

また、仔出しの値が高いトニービン系は、国内で唯一サンデーサイレンス系に対抗できる系統だと思います。 なので、自家生産で支配率を上げていけば、国内12%以上でトニービン系を親系統へ昇格させる事も不可能ではありません。

後継系統は、血統構成に優れた史実後継馬がいないので、能力因子を2つ持ち、ノーザンダンサー、ミスタープロスペクターの血が全く入っていない、トニービン直仔の馬を生産するのがベストです。