お手軽配合(繁殖牝馬編)ウイニングポスト8攻略

  1. ウイニングポスト8攻略
  2. 最強配合・配合理論
  3. お手軽配合(繁殖牝馬編)

爆発力を得やすい繁殖牝馬の生産を目的とした、ウイニングポスト8の「お手軽配合」の「繁殖牝馬編」です。 82年~83年で入手可能な史実繁殖牝馬を使った配合例です。 血統構成に優れた繁殖牝馬の生産が目的となります。

  1. 概要
  2. 父エタン
  3. 父トムフール
  4. 父パーソロン
  5. 父ヒンドスタン
  6. 父プリンスリーギフト
  7. 父ボールドルーラー
  8. 父モスボロー
  9. 父レイズアネイティヴ
  10. 能力因子のある繁殖牝馬

お手軽配合(繁殖牝馬編)概要

  1. 母父○(まる)または母父◎(にじゅうまる)が必ず成立する。
  2. 2世代前の4系統の親系統がすべて異なる。
  3. 大種牡馬因子、名種牡馬因子がそれぞれ1以上ある。

上の3つ(A~C)全てを満たす繁殖牝馬の生産が目的となります。 使用する繁殖牝馬は、82年~83年で入手できる史実繁殖牝馬のみとなります。 使用する種牡馬は、系統を確立できる種牡馬のみとなります。 なので、種牡馬によっては、プレイヤーが系統を確立する必要があります。

配合について

種牡馬
配合する種牡馬名です。 青字はスペシャル種牡馬となります。
繁殖牝馬
配合する繁殖牝馬名です。
確立
必要=種牡馬の系統を確立する事で優秀な繁殖牝馬になります。 自然=種牡馬の系統が自然確立する事で優秀な繁殖牝馬になります。(それ以外は既に系統を確立している種牡馬)
母父
◎=母父◎、○=母父○が成立する繁殖牝馬となります。
大種
生産する繁殖牝馬の血統内に含まれる「大種牡馬因子」の数です。 種牡馬の系統を確立した数を含みます。
名種
生産する繁殖牝馬の血統内に含まれる「名種牡馬因子」の数です。 種牡馬の系統を確立した数を含みます。

繁殖牝馬の使い方

単純に強い馬を生産したい場合は、生産した繁殖牝馬で「爆発力」→「配合評価」の順でソートして、上位の馬の中から能力の高い種牡馬を種付けすればOKです。 ただし、アウトブリード(危険度0)が条件となります。 また、爆発力よりも能力の高い種牡馬を優先して下さい。

優秀な繁殖牝馬を生産しながら、長年にわたり強い馬を生産し続けたい場合は、爆発力が20以上の系統を確立する種牡馬を種付けして下さい。 ただし、アウトブリード(危険度0)で、種牡馬の父と母、繁殖牝馬の父と母の4つの親系統がすべて異なる事が条件です。

父エタン

父エタンの史実繁殖牝馬は、サンスーシーとブレスアゲインのみです。 両頭とも、かなり能力が低いので、以下の配合で能力の高い繁殖牝馬を生産する事は難しいと思います。 ただし、血統構成は悪くないので、爆発力を高めやすい繁殖牝馬にはなります。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
ミルリーフ ブレスアゲイン 自然 2 3
ダマスカス ブレスアゲイン - 1 2
シアトルスルー ブレスアゲイン 必要 1 2
バックパサー ブレスアゲイン 必要 2 2
リヴァーマン ブレスアゲイン 必要 3 2
ロベルト ブレスアゲイン 必要 1 3
パーソロン ブレスアゲイン - 1 2
マルゼンスキー ブレスアゲイン 必要 2 3
サーゲイロード ブレスアゲイン - 2 2
テスコボーイ サンスーシー 必要 3 3
ミルリーフ サンスーシー 自然 2 3
ダマスカス サンスーシー - 1 2
シアトルスルー サンスーシー 必要 1 2
バックパサー サンスーシー 必要 2 2
リヴァーマン サンスーシー 必要 3 2
パーソロン サンスーシー - 1 2
マルゼンスキー サンスーシー 必要 2 3

父トムフール

父トムフールの繁殖牝馬はスノーカッブのみです。 父トムフールに大種牡馬因子があるので、名種牡馬因子のみの種牡馬を優先して繁殖牝馬を生産した方が効果的です。 能力もそこそこ高いので、産駒の出来も悪くないと思います。

また、大種牡馬因子を残せるマイナー系統の繁殖牝馬は貴重です。 なので、ノーザンダンサーやミスタープロスペクターなどの主流系統の血を入れるよりも、ダマスカス、シアトルスルーなどの国内では殆ど繁栄しない系統の血を入れた方が効果的です。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
テスコボーイ スノーカッブ 必要 3 2
ノーザンダンサー スノーカッブ - 4 1
リファール スノーカッブ - 3 1
ノーザンテースト スノーカッブ 必要 3 1
ダマスカス スノーカッブ - 1 1
シアトルスルー スノーカッブ 必要 1 1
ダンジグ スノーカッブ 自然 3 1
ヌレイエフ スノーカッブ 自然 3 1
リヴァーマン スノーカッブ 必要 3 1
シャーペンアップ スノーカッブ 必要 2 3
ロベルト スノーカッブ 必要 1 2
パーソロン スノーカッブ - 1 1
サーゲイロード スノーカッブ - 2 1
エタン スノーカッブ - 2 1

父パーソロン

父パーソロンの繁殖牝馬は多いので、その中からスピード、サブパラ、血統構成などが優れた繁殖牝馬を優先して選びました。 能力面ならナスノチグサ、血統構成ならハーバーソロンが優秀です。

また、83年に繁殖入りするスイートネイティブは、能力因子持ちなので、最優先で入手しておくべき繁殖牝馬だと思います。 以下はそこそこ爆発力の大きい配合なので、強い馬を生産しやすいと思います。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
テスコボーイ ナスノチグサ 必要 2 3
ニジンスキー ナスノチグサ - 2 2
ミスタープロスペクター ナスノチグサ 自然 1 3
ミルリーフ ナスノチグサ 自然 1 3
リファール ナスノチグサ - 2 2
ノーザンテースト ナスノチグサ 必要 2 2
ダンジグ ナスノチグサ 自然 2 2
ヌレイエフ ナスノチグサ 自然 2 2
バックパサー ナスノチグサ 必要 1 2
リヴァーマン ナスノチグサ 必要 2 2
シャーペンアップ ナスノチグサ 必要 1 4
ブラッシンググルーム ナスノチグサ 必要 1 2
マルゼンスキー ナスノチグサ 必要 1 3
レイズアネイティヴ ナスノチグサ - 1 2
サーゲイロード ナスノチグサ - 1 2
エタン ナスノチグサ - 1 2
テスコボーイ タケフブキ 必要 2 3
ノーザンダンサー タケフブキ - 3 2
ミスタープロスペクター タケフブキ 自然 1 3
リファール タケフブキ - 2 2
ノーザンテースト タケフブキ 必要 2 2
バックパサー タケフブキ 必要 1 2
シャーペンアップ タケフブキ 必要 1 4
ニジンスキー スカッシュソロン - 2 2
ミスタープロスペクター スカッシュソロン 自然 1 3
ミルリーフ スカッシュソロン 自然 1 3
リファール スカッシュソロン - 2 2
ノーザンテースト スカッシュソロン 必要 2 2
ダンジグ スカッシュソロン 自然 2 2
バックパサー スカッシュソロン 必要 1 2
リヴァーマン スカッシュソロン 必要 2 2
マルゼンスキー スカッシュソロン 必要 1 3
サーゲイロード スカッシュソロン - 1 2
テスコボーイ ハーバーソロン 必要 2 4
ノーザンダンサー ハーバーソロン - 3 3
ニジンスキー ハーバーソロン - 2 3
ミスタープロスペクター ハーバーソロン 自然 1 4
リファール ハーバーソロン - 2 3
ノーザンテースト ハーバーソロン 必要 2 3
ダンジグ ハーバーソロン 自然 2 3
ヌレイエフ ハーバーソロン 自然 2 3
バックパサー ハーバーソロン 必要 2 2
シャーペンアップ ハーバーソロン 必要 1 5
マルゼンスキー ハーバーソロン 必要 1 4
レイズアネイティヴ ハーバーソロン - 1 3
テスコボーイ スイートネイティブ 必要 2 3
ミルリーフ スイートネイティブ 自然 1 3
リファール スイートネイティブ - 2 2
ノーザンテースト スイートネイティブ 必要 2 2
ヌレイエフ スイートネイティブ 自然 2 2
バックパサー スイートネイティブ 必要 1 2
リヴァーマン スイートネイティブ 必要 2 2
ブラッシンググルーム スイートネイティブ 必要 1 2
マルゼンスキー スイートネイティブ 必要 1 3
サーゲイロード スイートネイティブ - 1 2
テスコボーイ タケユタカ 必要 2 3
ニジンスキー タケユタカ - 2 2
ミスタープロスペクター タケユタカ 自然 1 3
ミルリーフ タケユタカ 自然 1 3
リファール タケユタカ - 2 2
ノーザンテースト タケユタカ 必要 2 2
ダンジグ タケユタカ 自然 2 2
ヌレイエフ タケユタカ 自然 2 2
バックパサー タケユタカ 必要 1 2
リヴァーマン タケユタカ 必要 2 2
シャーペンアップ タケユタカ 必要 1 4
ブラッシンググルーム タケユタカ 必要 1 2
マルゼンスキー タケユタカ 必要 1 3
サーゲイロード タケユタカ - 1 2
エタン タケユタカ - 1 2

父ヒンドスタン

父ヒンドスタンの繁殖牝馬を使って、優秀な繁殖牝馬を生産するためのオススメ配合です。 注意点は父ヒンドスタンの繁殖牝馬は、初年度(82年)に購入しないと引退する可能性がある事です。 引退してしまうと入手は不可能なので注意して下さい。

テスコボーイ系の確立を前提で説明します

モンテオーカンは別格なので、配合相手は慎重に選んで下さい。 テスコボーイ×モンテオーカン、テスコボーイ×リンダセニョリータの繁殖牝馬は、血統的に非常に使えるので何頭あっても困りません。 なので、テスコボーイが引退するまでは、ひたすらこの配合を繰り返すと効果的です。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
テスコボーイ モンテオーカン 必要 2 4
ノーザンダンサー モンテオーカン - 3 3
ニジンスキー モンテオーカン - 2 3
ミスタープロスペクター モンテオーカン 自然 1 4
リファール モンテオーカン - 2 3
ダンジグ モンテオーカン 自然 2 3
バックパサー モンテオーカン 必要 1 3
シャーペンアップ モンテオーカン 必要 1 5
ノーザンテースト モンテオーカン 必要 2 3
マルゼンスキー モンテオーカン 必要 1 4
レイズアネイティヴ モンテオーカン 必要 1 3
ヌレイエフ モンテオーカン 自然 2 3
ミスタープロスペクター マウントスタン 自然 1 4
バックパサー マウントスタン 必要 1 3
シャーペンアップ マウントスタン 必要 1 5
マルゼンスキー マウントスタン 必要 1 4
レイズアネイティヴ マウントスタン 必要 1 3
テスコボーイ クインズベイ 必要 2 4
ミスタープロスペクター クインズベイ 自然 1 4
ニジンスキー クインズベイ - 2 3
バックパサー クインズベイ 必要 1 3
シャーペンアップ クインズベイ 必要 1 5
テスコボーイ ホウシュウスタン 必要 2 4
ミスタープロスペクター ホウシュウスタン 自然 1 4
ノーザンテースト ホウシュウスタン 必要 2 3
リファール ホウシュウスタン - 2 3
ダンジグ ホウシュウスタン 自然 2 3
バックパサー ホウシュウスタン 必要 1 3
シャーペンアップ ホウシュウスタン 必要 1 5
ニジンスキー リンダセニョリータ - 2 3
テスコボーイ リンダセニョリータ 必要 2 4
ノーザンダンサー リンダセニョリータ - 3 3
ミスタープロスペクター リンダセニョリータ 自然 1 4
ノーザンテースト リンダセニョリータ 必要 2 3
バックパサー リンダセニョリータ 必要 1 3

父プリンスリーギフト

父プリンスリーギフトの繁殖牝馬はペトレアのみです。 テスコボーイ系を確立すると、プリンスリーギフト系は確実に零細血統になります。 なので、ダマスカス、シアトルスルー、パーソロンなどと配合して繁殖牝馬を生産しておくと、いずれメールライン活性配合が高い確率で成立する繁殖牝馬になります。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
ダマスカス ペトレア - 1 2
シアトルスルー ペトレア 必要 1 2
バックパサー ペトレア 必要 2 2
シャーペンアップ ペトレア 必要 2 4
パーソロン ペトレア - 1 2
サーゲイロード ペトレア - 2 2
エタン ペトレア - 2 2

父ボールドルーラー

父ボールドルーラーの繁殖牝馬を使って、優秀な繁殖牝馬を生産するための配合例です。 パーソロン×スルー、パーソロン×ボウモント、サーゲイロード×ボウモントが血統的に使いやすいと思います。 また、スルーは非常にスタミナ豊富な繁殖牝馬なので、スタミナ値の高い馬を生産できると効果的です。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
ロベルト スルー 必要 2 2
ダマスカス スルー - 2 1
バックパサー スルー 必要 3 1
シャーペンアップ スルー 必要 3 3
パーソロン スルー - 2 1
ノーザンテースト スルー 必要 4 1
リファール ボウモント - 4 1
ダマスカス ボウモント - 2 1
シャーペンアップ ボウモント 必要 3 3
ロベルト ボウモント 必要 2 2
パーソロン ボウモント - 2 1
マルゼンスキー ボウモント 必要 3 2
サーゲイロード ボウモント - 3 1

父モスボロー

父モスボローの繁殖牝馬はケンスターのみです。 なので、非常に貴重です。 能力が低いので、以下の配合で強い馬を生産する事は難しいですが、モスボロー系が確実に零細血統になるので、血統構成が非常に優れた繁殖牝馬になります。

リヴァーマン系を確立する事が前提となりますが、リヴァーマン×ケンスター、ミルリーフ×ケンスターは、ミスタープロスペクターとノーザンダンサーの血が全く入っていないので、大多数の種牡馬と爆発力20以上の配合ができる繁殖牝馬になります。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
ミスタープロスペクター ケンスター 自然 1 4
リヴァーマン ケンスター 必要 2 3
シャーペンアップ ケンスター 必要 1 5
マルゼンスキー ケンスター 必要 1 4
レイズアネイティヴ ケンスター - 1 3
サーゲイロード ケンスター - 1 3
エタン ケンスター - 1 3
ミルリーフ ケンスター 自然 1 4
バックパサー ケンスター 必要 1 3

父レイズアネイティヴ

該当する繁殖牝馬はマッチレスネイティブのみです。 レイズアネイティヴはミスタープロスペクターの父なので、親系統がノーザンダンサー系の種牡馬との配合で繁殖牝馬を生産してしまうと、血が入りすぎて使いにくくなります。 なので、配合相手は親系統がナスルーラ系の種牡馬がベストだと思います。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
テスコボーイ マッチレスネイティブ 必要 3 3
ミルリーフ マッチレスネイティブ 自然 2 3
シアトルスルー マッチレスネイティブ 必要 1 2
バックパサー マッチレスネイティブ 必要 2 2
リヴァーマン マッチレスネイティブ 必要 3 2
ブラッシンググルーム マッチレスネイティブ 必要 2 2
パーソロン マッチレスネイティブ - 1 2
マルゼンスキー マッチレスネイティブ 必要 2 3

能力因子のある繁殖牝馬

能力因子を持つ繁殖牝馬を使って、血統構成に優れた繁殖牝馬を生産する配合例です。 能力因子を持つスイートネイティブの配合例は「父パーソロン」をお読み下さい。

「能力因子のある繁殖牝馬」×「系統を確立する能力因子のある種牡馬」の配合なので、生産した繁殖牝馬にも能力因子が付くと非常に優秀な繁殖牝馬になります。 繁殖牝馬に能力因子が付く条件は、SP70以上・サブパラのいずれかにSが1以上となります。

種牡馬 繁殖牝馬 確立 母父 大種 名種
ノーザンダンサー イットー - 3 1
リヴァーマン イットー 必要 2 1
シャーペンアップ イットー 必要 1 3
レイズアネイティヴ イットー - 1 1
サーゲイロード イットー - 1 1
テスコボーイ ハギノトップレディ 必要 2 2
ノーザンダンサー ハギノトップレディ - 3 1
ニジンスキー ハギノトップレディ - 2 1
ミスタープロスペクター ハギノトップレディ 自然 1 2
ミルリーフ ハギノトップレディ 自然 1 2
リファール ハギノトップレディ - 2 1
ノーザンテースト ハギノトップレディ 必要 2 1
ダンジグ ハギノトップレディ 自然 2 1
リヴァーマン ハギノトップレディ 必要 2 1
シャーペンアップ ハギノトップレディ 必要 1 3
レイズアネイティヴ ハギノトップレディ - 1 1
サーゲイロード ハギノトップレディ - 1 1
ノーザンダンサー トウメイ - 3 1
ニジンスキー トウメイ - 2 1
リファール トウメイ - 2 1
ノーザンテースト トウメイ 必要 2 1
ダンジグ トウメイ 自然 2 1
バックパサー トウメイ 必要 1 1
レイズアネイティヴ トウメイ - 1 1
サーゲイロード トウメイ - 1 1
テスコボーイ テンモン 必要 1 3
ミスタープロスペクター テンモン 自然 1 2
ノーザンテースト テンモン 必要 2 1
バックパサー テンモン 必要 1 1
ニジンスキー リニアクイン - 2 1
ミスタープロスペクター リニアクイン 自然 1 2
ミルリーフ リニアクイン 自然 1 2
リファール リニアクイン - 2 1
ダンジグ リニアクイン 自然 2 1
リヴァーマン リニアクイン 必要 2 1
ノーザンダンサー プリティキャスト - 3 1
ミスタープロスペクター プリティキャスト 自然 1 2
ダンジグ プリティキャスト 自然 2 1
バックパサー プリティキャスト 必要 1 1
レイズアネイティヴ プリティキャスト - 1 1