メールライン活性配合(配合理論)ウイニングポスト8攻略

成立条件と効果

父父 父父父 父父父父
父父父母
父父母 父父母父
父父母母
父母 父母父 父母父父
父母父母
父母母 父母母父
父母母母
母父 母父父 母父父父
母父父母
母父母 母父母父
母父母母
母母 母母父 母母父父
母母父母
母母母 母母母父
母母母母
レベル1
爆発力3
父()が「流行血統」で、母・母母・母母母()が「零細血統」の場合に成立します。 繁殖牝馬側の条件は零細血統でなくても、能力因子で代用可能です。
レベル2
爆発力6
レベル1の条件に加えて、母方の3代前の先祖となる母父・母父父・母父母・母母父()の全てが「零細血統」の場合に成立します。 繁殖牝馬側の条件は零細血統でなくても、能力因子で代用可能です。
レベル3
爆発力10
レベル2の条件に加えて、父方のメールライン以外の3代前の先祖となる父母・父父母・父母父・父母母()の全てが「零細血統」の場合に成立します。 能力因子での代用はできません。

効果的な使い方

爆発力の大きい配合理論です。 Lv2までなら繁殖牝馬側の条件は能力因子で代用できるので、ゲーム序盤での成立も難しくありません。 流行・零細は年々変化するので、支配率ではなく能力因子でLv2の成立を目指した方が効果的です。 また、2代前の4系統が全て零細血統で、親系統が全て違う繁殖牝馬を生産すれば、高い確率で血脈活性化配合8本型も同時に成立します。

海外牧場で成立

海外牧場の建設後はサンデーサイレンス系ノーザンテースト系テスコボーイ系など、国内のみで確立した系統で血統が構成されている繁殖牝馬を移動させれば、Lv2は容易に成立できます。

テスコボーイ系で成立

テスコボーイ系確立後にサクラユタカオー系を確立した場合、テスコボーイ系は高い確率で零細(滅亡する可能性大)になります。 なので、以下のようにすれば、比較的簡単に大きな爆発力が得られる繁殖牝馬が生産できます。

  1. 父ヒンドスタンなどで、母母の系統が零細になりやすい系統の繁殖牝馬を探す。
  2. Aの馬にテスコボーイを種付けして繁殖牝馬を生産する。

これで流行血統の種牡馬と「母父◎血脈活性化配合源化種牡馬因子+メールライン活性化配合Lv1以上」が成立し、「とてつもない爆発力」の配合が容易にできます。 ただし、成立する頃には繁殖牝馬が高齢になるため、この配合が実現できる期間は長くありません。

成立のポイント

Lv2までは繁殖牝馬側は能力因子で代用できます。 なので、父と母がそれぞれ能力因子を持った種牡馬(ヌレイエフ・リヴァーマンなど)と、能力因子のある繁殖牝馬(スイートネイティブ・トリプティクなど)を血統内に組み込み繁殖牝馬を生産します。 これで種牡馬が流行血統の場合に必ずLv2以上が成立する繁殖牝馬になります。(要するにが全て能力因子のある繁殖牝馬)